運営方針

患者さんのQOL向上のために

一人一人の生活スタイルにあった治療と日常生活の提案

 糖尿病は患者さんの糖尿病に対する正しい理解、そして医師との信頼関係が大切です。私は、これまで30年以上膵臓の研究を、そして20年以上糖尿病の研究に従事して参りました。患者さん一人一人の生活スタイルにあった治療と日常の生活提案を行い、糖尿病の予防、治療に最善を尽くし、社会貢献したいと考え、井上クリニック糖尿病センターを創立いたしました。

通院での糖尿病コントロール

患者さんに必要な最新情報、治療法、方針の提供

 井上クリニック糖尿病センターでは、医師、看護師、栄養士のチーム医療により、患者さんに最も必要な最新情報、治療法、治療環境を提供いたしております。一方で、重症糖尿病、合併症患者さんには各専門施設との連携ネットワークを有しておりますので、必要に応じた治療方法をご提案いたします。

定期的検査の必要性

常に変化する体の状態を把握しましょう

 食生活が豊かになった現代においては、何も症状がないときでさえ、定期的に検査を受ける姿勢が大切です。体の状態は常に変化しますので、自覚症状が出る前に治療を受けることで、目や腎臓などにダメージが出る合併症を抑制することが可能となります。また、糖尿病と診断されても、うまく糖尿病をコントロールすることができますので、深刻に考える必要はありません。

患者さんに対する尊厳の気持ちをもち、チーム医療で一人一人の生活スタイルにあった 糖尿病治療に全力を注いでおります。 スタッフ一同が患者さんのQOL(生活の質)向上を目指し、 最も取り組みやすい治療に取り組んでおります。