創立理念

患者さんのQOL向上のために

一人一人の生活スタイルにあった治療と日常生活の提案

 糖尿病(メタボリック症候群も)は、糖尿病への正しい理解、及び、患者さんと医師との信頼関係が特に大切だと言えます。

 糖尿病で気をつけなければいけないのは、糖尿病になっても無症状のままであることが多いということです。自覚症状が出る頃にはある程度進行している、ということがよくあります。自覚症状がある場合はもちろんのこと、何も症状が無い時に積極的に検診を受けるという姿勢が大切です。仮に糖尿病と診断されても、“病気だ”と深刻に考える必要はありません。糖尿病と上手にお付き合いすることで、糖尿病をうまくコントロールすることができます。ただ、注意しないといけないのは、生活習慣を乱した生活を繰り返したり、治療をしないでそのまま放置したりしていますと、いつのまにか進行して、気がついた時にはすでに目、血管、腎臓、神経などがダメージを受けている(合併症)、ということがあり得ることです。すなわち、合併症の予防が大切なのです。合併症を予防する最善の方法は、糖尿病をそのまま放置しないで、糖尿病と上手にお付き合いすることです。上手にお付き合いできているかどうかは、定期的にチェックすることでわかります。

 体の状態は絶えず変化しますので、その時点における最善の治療法、最もふさわしいお付き合いの仕方を選択することが重要です。糖尿病と上手に、最もふさわしいお付き合いをすることにより心配から解放され、健康な日常生活を満喫することができるようになります。

 上手なお付き合いのお相手は、栄養、運動、フットケアー、お薬、インスリン注射などです。状況に応じた適切な選択や最適な組み合わせを行いながら、上手にお付き合いをしていく必要があります。そのためには医師と相談し、状況(糖尿病なのかどうか、糖尿病であればどういう状態なのか)を正しく理解し、十分に相互の意思の疎通を図る必要があります。患者さんと医師との間には、日常の生活習慣をお互いに理解できる信頼関係、すなわち、ホームドクター的な関係が極めて大切になってきます。

 当クリニックは、患者さんの日常の治療は言うに及ばず、多くの医院・クリニックとネットワークを結び、患者さんに最も必要な最新の情報、治療法・治療環境を提供する事はもちろん、重症糖尿病、目・血管・循環器・腎臓合併症、神経障害患者さんなどに対しては各専門施設との連携ネットワークを持ち、患者さんのホームドクター的存在として日常のケアを懇切丁寧に行う所存です。糖尿病・メタボリックシンドロームの専門クリニックとしてとの機能性を存分に発揮していきたいと思います。

 当クリニックでは、患者さんに対する尊厳の気持ちを失うことなく、尊い志で患者さんの気持ちになって、チーム医療として糖尿病療養相談、管理栄養士の患者さん一人ひとりに適した丁寧な栄養相談を行い、糖尿病による足病変予防のためのフットケアー外来に取り組み、最先端の予防法・治療法を導入、スタッフ全員が心をひとつにして患者さんのQOL(生活の質)の向上を目指し、患者さんにとって最も取り組み易い効果的かつ最新の情報と治療の提供に最善を尽くします。

s